各種計画

伊賀市地域福祉計画

伊賀市地域福祉計画は、誰もが住みなれた地域で安心して暮らしていけるよう、すべての人が主体者となったまちづくりをすすめるため、市民、地域、事業者、社会福祉法人、行政などの役割をまとめたもので、福祉に関する横断的・包括的計画として位置づけています。
現在、第3次地域福祉計画(2016~2020)の推進期間中です。

関連ページ:第3次 伊賀市地域福祉計画(伊賀市HP)

伊賀市地域福祉活動計画

第3次伊賀市地域福祉計画の「だれもが いがで しあわせに くらしつづけるための 12の提案」の1つである、「みんなでつくる地域福祉コミュニティ」について、地域福祉活動計画として推進しています。
伊賀市地域福祉活動計画は、地域福祉活動を実践するための手引書として活用しています。

伊賀市社協基盤強化計画

伊賀市社協では、「たとえ生活上に何らかの支障があってもその人らしく安心して暮らし続けられるようにする地域づくり」を目標とし、地域福祉計画に立脚しつつ、社協基本理念を基に、介護や権利擁護など市民のニーズや期待に応えていくことを目指して、経営基盤強化の方針を示す「基盤強化計画大綱(2013~2017)」を策定しました。
現在、指針となる大綱に基づいた具体的な施策計画として、「第2次基盤強化計画(2018~2020)」を推進中です。