伊賀市社協基盤強化計画

伊賀市社協の今後の更なる組織経営基盤を強化するため、平成24年度に平成25年4月1日からの5か年計画として、伊賀市社協理事及び評議員、行政職員、地域住民(住民自治協議会、福祉団体)、学識経験者によって策定委員会を結成し、「伊賀市社会福祉協議会基盤強化計画大綱」の策定に取り組みました。

平成29年度の最終年度を迎え、第1次計画からの成果と課題を検証し、第2次計画を策定するにあたり、より実効性のある具体的な計画とすべく、伊賀市社協役職員が課長職以上を中心に一体となって、①組織体制、②人事、③拠点整備、④情報強化、⑤研修強化、⑥地域福祉財源の各策定プロジェクトチームを立ち上げ、各部署、事業所を通して横断的に協議、検討を図り、理事会、評議員会の承認を得て、平成30年度からの3か年計画として「第2次伊賀市社会福祉協議会基盤強化計画」を策定しました。

地域の生活における課題解決のために取り組みを進めていく中で、地域福祉を推進する伊賀市社協の基盤を強化し、今後の伊賀市の地域福祉をすすめるうえで、誰もがその人らしく生きがいを持って暮らせる地域づくりを「オール伊賀市社協」にて取り組んでいきます。